menu

霧雨にぬれる竹原,再訪 / I revisited Takehara in the misty rain.

P4200267

P4200002

P4200286 P4200291 P4200301 P4200308 P4200005 P4200012 P4200013

P4200019


P4200024 P4200026 P4200027 P4200029 P4200030 P4200031 P4200033 P4200036 P4200043 P4200046 P4200053 P4200054

P4200058 P4200060 P4200061 P4200062 P4200063 P4200066 P4200075 P4200096 P4200101 P4200105 P4200106 P4200107 P4200108 P4200115 P4200116
P4200122 P4200126 P4200128 P4200133 P4200135 P4200142 P4200148 P4200155 P4200156 P4200158 P4200165
P4200168 P4200169 P4200171 P4200175 P4200176 P4200177 P4200178 P4200180 P4200184 P4200185 P4200189

P4200191 P4200193 P4200195 P4200196 P4200198 P4200200 P4200206 P4200215 P4200217 P4200218 P4200222

P4200224 P4200228 P4200232 P4200233 P4200235 P4200238 P4200239 P4200241 P4200245 P4200246 P4200248 P4200251 P4200254 P4200259 P4200265

霧雨に煙る美しいこのまち,竹原を再び訪れました。
平成12年に国土交通省によって、「都市景観100選」の一つに選定されたこの商家町は,” 安芸の小京都 ”とも呼ばれ,国の重要伝統的建造物群保存地区として良い状態で保存されております。

瀬戸内海に面した竹原は,江戸時代当初には新田開発が行われましたが,土壌に塩分が多く耕作には不適でした。そこで赤穂から製塩の技術者を招き塩田に転換し製塩を算出,この町に大きな富をもたらしました。
また,同じく江戸時代当初に本川堀の船着き場が開かれると廻船の往来も活発となり、元禄期から正徳期には竹原の船主による四百石船から千石船も就航し,こうした廻船によって塩その他の産物は日本各地に出荷され、帰りには北日本から米を運びさらには大阪への輸送も請け負うなど海運業も栄えました(北前船)。
その他,酒造業なども興りそれら産業で財をなした商家を中心に、現在に残る町並みが形成されるに至ったそうです。このような経済基盤の上で町人文化も充実し、茶道など京風の文化が栄えた他、儒学者の頼山陽の父頼春水とその兄弟を輩出しています。

⇒ 雨にくもる竹原 (初めて竹原を訪れた際のフォトギャラリーです。)

広島県竹原市,商家町。
April 2014
Olympus OM-D E-M1
Olympus : M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
Olympus : M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

I visited this beautiful town, Takehara, once again.
The town was hidden in mist, fine rain falling constantly and silently.

Occupying a strategic location on the Seto Inland Sea, it became renowned as a port city in the Muromachi period and then flourished as a centre of the salt industry in the latter days of the Edo period. More recently, it has styled itself as ‘The Little Kyoto of Aki’ and the Special Historical District of old warehouses was selected as one of Japan’s ‘100 Most Scenic Towns’.

⇒ Takehara, on a rainy day・・・ (Photo gallery of my first visit. )

Takehara City, Hiroshima Prefecture, Japan
April 2014
Olympus OM-D E-M1
Olympus : M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
Olympus : M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

Takehara / 竹原

loading map - please wait...

Takehara / 竹原 34.346889, 132.910514 雨にくもる竹原 / Takehara, on a rainy day・・霧雨にぬれる竹原,再訪 / I revisited Takehara in the misty rain. 日本広島県竹原本町3丁目11−7 町並み保存センター (Directions)

P4260417雨に煙る悲情城市,九份 / Jiufen, “A City of Sadness”, shrouded in a heavy rain..

IMG_9153教会と寺院が共存するまち,平戸 / Hirado, a combination of Catholic Church and traditionally Japanese tiled roofs of the two temples

Related post

  1. PC030012

    牛場市で栄えた,広島空港のお膝元,白市 / Shiraichi,…

    shiraichi_pampf (白市観…

  2. P6210139

    山陰の小京都,津和野 / Tsuwano is called &…

  3. copyrightfullPA040125

    美しい町家が続く城下町,津山のまちなみ/ Tsuyama, ol…

  4. P7270230

    備中の小京都, 高梁 / Takahashi, ‘…

  5. P7270296

    西大寺五福通り,看板建築のまちなみ / Saidai-ji, G…

    The scenery of t…

  6. P6010010

    風待ちの港,牛窓 / Ushimado, used to be …

    In the past, U…

  7. P5050199

    酒所、西条 / Saijo, famous production…

    &nbs…

  8. P5050055

    信仰の地・厳島 / Itsukushima, the Shrin…

    &nbs…

Comment

    • Tomio Ueno
    • June 8th, 2014

    竹原の素敵な街並みを見せて頂きありがとうございます。この落ち着いた家並の続く通りをいつまでも大事にしてもらいたいものです。それにしても気になるのは、家並の向こうに見える、白いコンクリート4階建ての建物です。この美しい街並みを残すだけでなく、周辺の建物も歴史的な街並みを意識したデザインにして欲しいものです。
    例えば、イタリア・トスカーナのシエナのように、歴史的保存地域での新設建物について一定の景観的配慮がなければ、建築を許可しないぐらいの配慮がほしいと思います。

    • Ueno様,

      いつもご覧下さり,そして丁重なコメントまで頂戴し誠に有難うございます。
      古いまちなみ,この数年で悲しいほど崩れていくところが多いです。
      先日も,日本有数のまちなみ保存率の今井(奈良)を再訪したのですが,10年前に訪問したときと同じ町とは思えないくらい,櫛の歯が欠けたような状態になっており,がっかりした次第です。
      古いものの維持って本当に大変なのですね・・。

      ご指摘の白いビル,仰る通りで,明らかに不自然な構図にしない限り写真に映り込む場所にあって,本当に残念です。
      海外(特に欧州)のまちなみ保存の徹底ぶりは本当に見事ですね。
      勿論,耐震に対して十分慎重にならざるを得ない我が国と単純には比較できないかもしれないですが・・。

        • Tomio Ueno
        • June 9th, 2014

        荘 美奈子 様

        丁重な返信を頂き有難うございます。

        確かに古い建物や町並みの保存は、決して簡単なことではありません。

        災害から安全かどうかだけではなく、維持管理していく上での経費の問題、時代とともに変化する

        暮らし方との整合性の問題など、保存を困難にする問題は数え上げればきりがありません。

        そうした状況の中で、荘さんの街並み逍遥の写真は貴重な記録として大切にして貰いたいと思います。

        写真とともに、歴史的な街並みの図面(地元の大学の建築科教室等の取組みが望まれます。)を残せると

        いいと思います。

        私が所属していた大学の研究室では、各地の旧宿場の集落研究をしていまして、形態保存を志向しつつ

        一方で集落の配置や、各建物など施設の詳細図面を作成して、記録保存する作業をしていました。

        そうした取組みを、各地の大学や自治体にして貰いたいと思います。

        話は変わりますが、私がここ20年来関係しているベトナムでも、開発と絡んで集落保存の問題が取り沙汰

        されています。その中でも古都フエの王宮の保存や、ホイアンの町並み保存が有名です。何れも、保存と

        産業の活性化を両立させる戦略を立て、いまのところそれが成功しているように思えます。

        上野 富男

  1. No trackbacks yet.

follow us in feedly

Social

Follow me on:

Tag cloud

Recent post

  1. P5060862
  2. DSC00547
  3. P5050695
  4. DSC00570
  5. P5040507
PAGE TOP