アムステルダム ・ 美しき運河と猥雑が混在したまち / Amsterdam,the beauty of the canals and the bustle of the city

 アムステルダムは,全長100キロメートル以上の運河と,1,500個以上の橋を擁し,「北のベニス」と呼ばれているそうで,運河巡りではとても心が和む風景に出会えました。 また,有名な花市場をはじめ,露店市場(雑貨や骨董,衣類など),食料市場等が開かれており,とても楽しい市場散策になりました。 その反面,マリファナが合法化されており,裏通りのコーヒーショップの前を通ると,独特の臭いが漂っております(中央駅界隈は治安があまり良くないです)。また,有名な”飾り窓地帯”(合法化された売春街)もあります。 美しさと猥雑さが混在した,面白い街でした。 Amsterdam has been called the “Venice of the North” for its more than one hundred kilometres of canals, and 1,500 bridges. It’s a heartwarming scene. Famous flower markets, antique markets,food markets and other open markets open in many places,so,I enjyoed wandering. On the other hand, there are many coffee shops ( selling marijuana ) and brothels ( Red-light district ),so,these areas aren’t so safe. Beauty and confusion are intermingled in this city. Amsterdam, Netherlands.