オールドレンズと巡る闇市・溝ノ口西口商店街 / Mizonokuchi-West Market, with an old lens.

Mizonokuchi-West Market, Kawasaki-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June 2016, Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 (Old film lens) Sony α7ⅱ 神奈川県川崎市高津区、溝の口西口マーケット 2016年6月撮影 Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 (Old film lens) Sony α7ⅱ

オールドレンズと巡る闇市・昭和マーケット / Showa Market, with an old lens.

Showa-Market, Kawasaki-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June2016, Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 Sony α7ⅱ 神奈川県川崎市川崎区、昭和マーケット 2016年6月撮影 Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 SONY α7ⅱ

オールドレンズと巡る、闇市・六角橋商店街 / Rokkakubashi Market, with old lenses.

Olympus G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm Olympus OM-D E-M1 Pentax SMC Takumar F1.4 50mm lens M42 mount Sony α7ⅱ Rokkakubashi-Market, Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June2016 横浜市神奈川区、六角橋商店街 2016年6月撮影

渋谷に残る狭小なディープな横丁,のんべえ横丁 / Nonbei-Yokochoh,nostalgic back alley,in Shibuya

                                        ” Nonbe Yokosho”, Shibuya,Tokyo. “Nonbe Yokocho” means, ”The back alley for heavy drinkers”. It is located on the right side of the railway ( from shibuya station,one of the biggest terminals in Japan.). It is called,thet,is come from the black market after world war ?. The bars,pubs are jostling one another in this narrow sector. Nonbe-Yokocho, Shibuya,Tokyo,Japan. January, 2013 大ターミナル渋谷駅至近の線路脇,人ひとりようやくすれ違えるぐらいの本当に狭い路地裏に,幾十の小さな居酒屋,小料理屋,スナックがひしめいている場所があります。 お世辞にも清潔とは言えず(戦後の闇市に由来しているそうです),設置されているトイレは絶対使いたいとは思いませんが,有名な(しきたりが)焼鳥屋もあり,慣れたサラリーマンでごった返す場所でもございます。 若者の街,渋谷にもこのようなレトロな場所があることに喜びを感じます。 のんべえ横丁,東京都渋谷区,渋谷駅至近。 撮影:2013年2月。

闇市の色をとどめる,新宿思い出横丁 / Omoide Yokocho (Memory Alley), have its root in the black market.

                          The night scenery of ” Omoide – Yokocho ” ( Memory Alley ). Even though,this very narrow alley is located nearby the Shinjuku – Station, which is one of the biggest terminal station in Tokyo, it miraculously remains undeveloped. Here is a remarkable number of so small pubs and bars,and these stores are very shabby, because, they have their roots in the black market or at a food stall right after the war. 02/02/2013 Omoide – Yokocho, Shinjuku,Tokyo,Japan 日々止まずに発展を遂げる,新宿副都心の中の狭い,しかし圧倒的な存在感を発揮しているディープエリア,「新宿思い出横丁」(しょんべん横丁,とも)の風景です。 新宿西口の大ガード脇の,30m×100mほどの狭小なエリアに,数えきれないほどの,間口の狭い簡素な造りの居酒屋(もつ屋,焼鳥屋が多い)がぎっしりと立ち並んで,異彩を放っております。 そのルーツは戦後の闇市に遡るそうで,今でも,狭小過ぎる路地,戸板一枚で隣店と区切った造りなど,闇市の雰囲気を色濃くとどめております。 02/02/2013? 東京都新宿区,新宿駅西口,思い出横丁