menu

猛吹雪の小樽 / Otaru, in the blizzard

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****************************************************************************************************

( Otaru -fine day 2004-2005 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Error: a marker with the ID 38 does not exist!

Otaru is a city and port in Shiribeshi, Hokkaido, Japan, northwest of Sapporo.
The city faces the Ishikari Bay, and has long served as the main port of the bay.
With its many historical buildings, Otaru is a popular tourist destination.
Because it is a 25-minute drive from Sapporo, it has recently grown as a bedroom community.

The city was an Ainu habitation, and the name “Otaru” is recognised as being of Ainu origin, possibly meaning “River running through the sandy beach”. The very small remaining part of the Temiya Cave contains carvings from the Zoku-Jōmon period of Ainu history, around A.D.?400. Otaru was recognised as a village by the bakufu in 1865, and in 1880 the first railway line in Hokkaido was opened with daily service between Otaru and Sapporo.
The city flourished well as the financial and business center in Hokkaido as well as the trade port with Japanese ruled southern Sakhalin until 1920s. Otaru was redesignated as a city on August 1, 1922.
Since 1950s, as the coal industry around the city went into a decline, the status of economic hub shifted from Otaru to Sapporo.

Otaru-City, Hokkaido,Japan

小樽は、北海道後志地方北部に位置し,古くから港湾都市として発展しました。
現在は,現存する歴史的建造物が数多いこと,ガラス産業やオルゴール製造等の町興し産業があることから、日本有数の観光都市となっています。
かつて最盛期の1960年代には人口は20万人前後をかぞえましたが,現在は大幅な人口減少に直面しています。札幌市からJR快速列車で30分強であることから、隣接する札幌市のベッドタウンとしての役割も持っています。

「おたる」の地名はアイヌ語の「オタ・オル・ナイ」(砂浜の中の川)に由来するそうです。
この言葉は,現在の小樽市と札幌市の境界を流れる星置川の下流、小樽内川を示していたとのことです。河口に松前藩によってオタルナイ場所が開かれたが、冬季に季節風をまともに受ける地勢ゆえに不便な点が多かったため、風を避けられ、船の係留に適当な西方のクッタルウシ(イタドリが 生えるところ)に移転したそうです。しかしオタルナイ場所の呼称は引き続き用いられ、クッタルウシと呼ばれていた現在の小樽市中心部が、オタルナイ(小樽内、尾樽 内、穂足内)と地名を変えることになったそうです。
小樽と渡島国や道外の間には北前船の航路も開かれていました。
小樽は,20世紀半ばまでは石狩地方で産出された石炭の道外への輸送や、ロシアとの交易で栄えましたが,1960年代以降、石炭需要の低下と北海道内の炭鉱の閉山、ロシア貿易の衰退、太平洋側の苫小牧港や近隣の石狩湾新港の整備により港としての機能は衰え、人口も最盛期より35%も減少してしまい現在に至っています。

北海道小樽市

平福39佐用町平福・宿場町のまちなみ / Hirafuku, post-station town

P2040005しっとりとした裏路地,花街,神楽坂 / Kagurazaka,traditional Japanese atmosphere

Related post

  1. PC060108

    増毛、にしん漁で賑わった往時を偲ぶ / Mashike, whe…

    Mashike Town sits beside t…

  2. hkd0085

    美しい港町,函館 / Hakodate, a beautiful…

    &nbs…

  3. P7050066

    雄大な大地 – 美瑛・富良野 / Biei, F…

    (more…)…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

follow us in feedly

Social

Follow me on:

Tag cloud

Recent post

  1. P5060862
  2. DSC00547
  3. P5050695
  4. DSC00570
  5. P5040507
PAGE TOP