menu

木曽馬籠宿,江戸の旅人の足跡を辿って / Magome-juku, post town of an ancient road, paved with stones

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magome-juku was the forty-third of the sixty-nine stations of the Nakasendō, an ancient road that connected Kyoto and Edo during the Edo period. It was also the last of eleven stations along the Kisoji, which was the precursor to a part of the Nakasendō, running through the Kiso Valley.
As a post town, it was relatively prosperous and cosmopolitan, with a currency-based economy. It fell into obscurity and poverty, however, after the completion of the Chūō Main Line railway, which did not pass through Magome. In recent decades, it has been restored to its appearance as an Edo period post town and is now a popular tourist destination.

The atmosphere of the ancient period ( Edo period ) can still be sensed today at the sight of its remaining stone paving, and stone steps.

Magome-juku, Nakatsugawa-City, Gifu Prefecture, Japan.
March,2013
Olympus OM-D/EM-5
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 etc.

馬籠宿は、中山道43番目の宿場(中山道六十九次)で、木曽11宿の一番南の宿場町に当たります。
江戸と京都を結ぶ主要街道として東海道がありましたが,東海道は,大井川の川止めや海運,渡河などのリスクがあったそうで,中山道は,東海道の504kmに比べて遠回りにはなりますが,旅人や物資の往来も多く,馬籠宿も長く繁栄を享受していました。
この馬籠宿の地形的特徴として,街道が急な山の尾根に沿っているため急斜面となり,「坂のある宿場」と呼ばれ,独特な景観を呈しています。また同時に,山の尾根に位置するために水に恵まれておらず、火災が多かったそうです。
しかし明治期に入ると,1882年(明治25年)に,中山道に変わって木曽川沿いに国道が開設され、さらに1912年(明治45年)には国鉄中央本線が全線開通したことにより、馬籠は全く人通りが絶え、陸の孤島と化してしまい、村は急速に寂れていきました。
このような窮地にあった馬籠宿ですが,昭和の高度成長期に入ると,島崎藤村の生地として,また,江戸時代の面影を残す地として脚光を浴びるようになり,観光客が多く訪れるようになり現在に至っています。

私はあえて,人混みを避けてシーズンオフに訪れましたが,春から秋にかけての行楽シーズンには大変な混雑となり,写真撮影すら困難な状況になるようです。
1895年(明治28年)と1915年(大正4年)の火災により、古い町並みは石畳と枡形以外はすべて消失してしまったのが非常に残念ですが(現在のものは復元),急斜面を縫う石畳のある風景には郷愁が漂います。

岐阜県中津川市,馬籠宿
March,2013
Olympus OM-D/EM-5
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 etc.

Magome / 馬籠

loading map - please wait...

Magome / 馬籠 35.527023, 137.567634 木曽馬籠宿,江戸の旅人の足跡を辿って / Magome-juku, post town of an ancient road, paved with stones日本岐阜県中津川市馬籠4253−1 馬籠脇本陣史料館 (Directions)
Bookmark this on Hatena Bookmark
LINEで送る

s-P2230168品川宿,高層ビル群のこぼれ陽が当たる路地裏 / alleys in Shinagawa,used to be the last post‐town on the road from Kyoto to Edo.

P3090185木曽妻籠宿,ありし江戸の世の姿のままに / Tsumago-juku post town, will take you back in time to the Edo Period.

Related post

  1. PA250355

    関所の置かれた宿場町、木曽福島 / Kiso-Fukushima…

  2. PB010327

    水舟のせせらぎが響く須原宿 / Suhara-juku, wit…

  3. PB010127

    ”七曲がり”の宿、木曽野尻宿 / Kiso-Nojiri-juk…

  4. PA250445

    奈良井宿の繁栄を支えた工人町、木曽平沢集落 / Kiso …

  5. PB010404

    そば切り発祥の地、本山宿 / Motoyama-juku, kn…

    本山宿は中山道32番目の宿場で、現在は長野県塩尻市中心部の、国道バイ…

  6. P4130022

    木曽路の美しき宿場,奈良井宿 / Narai-juku,beau…

    &nbs…

  7. P3090185

    木曽妻籠宿,ありし江戸の世の姿のままに / Tsumago-ju…

    &nbs…

Comment

  1. No comments yet.

follow us in feedly

Social

Follow me on:

Tag cloud

Recent post

  1. P5060862
  2. DSC00547
  3. P5050695
  4. DSC00570
  5. P5040507
PAGE TOP