まちなみ逍遙 - Wandering the Wonderful Streets > 海外のまちなみ ( foreign countries / Streets ) > アジア ( Asia Area ) > カトマンズ,荘厳な遺跡と雑踏と / Kathmandu, Solemn remains and crowds

カトマンズ,荘厳な遺跡と雑踏と / Kathmandu, Solemn remains and crowds

PC220418 PC220373 PC220374 PC220377 PC220378 PC220380 PC220385 PC220388 PC220391 PC220392 PC220393 PC220397 PC220400 PC220401 PC220405 PC220413 PC220414 PC220368 PC220370 PC220372 PC210044 PC210019 PC210030 PC210032 PC210035 PC210037 PC210039

PC210041

PC220446 PC220448 PC220449 PC220420 PC220424 PC220425 PC220427 PC220428 PC220429 PC220430 PC220431 PC220432 PC220436 PC220437 PC220438 PC220439 PC220441 PC220445

Kathmandu (Nepali: काठमाडौं) is the capital and largest urban agglomerate of Nepal.
The city stands at an elevation of approximately 1,400 metres (4,600 ft) in the bowl-shaped Kathmandu Valley of central Nepal. It is surrounded by four major mountains: Shivapuri, Phulchoki, Nagarjun, and Chandragiri. Kathmandu Valley is part of three districts (Kathmandu, Lalitpur, and Bhaktapur), has the highest population density in the country, and is home to about a twelfth of Nepal’s population.

Historically, the Kathmandu Valley and adjoining areas were known as Nepal Mandala. Until the 15th century, Bhaktapur was its capital when two other capitals, Kathmandu and Lalitpur, were established.During Rana and Shah eras, British historians called the valley itself “Nepal Proper”. Today, Kathmandu is not only the capital of the Federal Democratic Republic of Nepal, but also the headquarters of the Central Development Region of Nepal. The Central Region comprises three zones: Bagmati, Narayani, and Janakpur. Kathmandu is located in the Bagmati Zone.
The city has a rich history, spanning nearly 2000 years, as inferred from inscriptions found in the valley. Religious and cultural festivities form a major part of the lives of people residing in Kathmandu. Most of Kathmandu’s people follow Hinduism and many others follow Buddhism.

Kathmandu’s sister cities (Lalitpur Patan) and Bhaktapur are integral to Kathmandu’s cultural heritage, tourism industry, and economy; therefore UNESCO’s World Heritage Site lists all three cities’ monuments and attractions together under one heading, “Kathmandu Valley-UNESCO World Heritage Site”.

December 2013, Kathmandu, Nepal
Olympus OM-D/E-M1

カトマンズ(ネパール語: काठमाडौ,英語: Kathmandu)は、世界最貧国の一つと言われるネパールの首都で最大の都市です。

古代より、現在のネワール族の祖先であろうと思われる非インド・アーリヤ系先住民がこの地で生活をしてきていたが、4世紀の後半にはインド・アーリア系のリッチャヴィ王朝がカトマンズ盆地を征服しネパール(ネーパーラ)王国を興しました。
9世紀、リッチャビ王朝の衰退以降はデーヴァ王族(リッチャビ王族とは別)がカトマンズ盆地を治めました。
その後13世紀初頭ころから、それまでのデーヴァ王族に代わりマッラ王族が台頭しはじめ、15世紀にはヤクシャ・マッラ王の死後、長男ラーヤ・マッラ王が統治するバクタプルから二男のラトナ・マッラが独立し、カトマンズ・マッラ王朝を開きました。
17世紀にはカトマンズ・マッラ王朝から独立したシッディナラシンハ・マッラがパタン・マッラ王朝を開きました。
こうして中世後期にはカトマンズ近辺にマッラ王朝の3つの王国(カトマンズ、パタン、バクタプル)がこの地を治めていましたが,1768年、ゴルカ王のプリティビナラヤン・シャハがこの地を三王国を倒し、カトマンズを首都として定めました(シャハ王朝)。1769年にネパールを統一するまでは、「ネパール」というと「カトマンズ」を指していたとのことです。

観光業はカトマンズの主要な収入源の一つで,王宮やヒンドゥー教や仏教の寺院などがあり、代表的な建造物としてスワヤンブナート寺院、国立博物館、ダルバール広場などが知られています。17世紀の歴史的な建造物が多く残るカトマンズ盆地全体が、カトマンズの渓谷として1979年、ユネスコの世界遺産に登録されました。

世界最貧国の一つであるネパールですが,人々は笑顔をたたえ,そして温かい人柄の持ち主であると感じました。
ただ,カトマンズ市内の空気汚染はひどく,残念ながらヒマラヤ山脈などを望むことはできません。しかしながら,素晴らしい遺跡群を触れるにつれ,人を惹きつけてやまない国家の一つだと思います。

2013年12月撮影,ネパール連邦民主共和国,カトマンズ市
Olympus OM-D/E-M1


Share and Enjoy

  • PDF
  • Blip
  • BlinkList
  • Delicious
  • NK
  • VKontakte
  • Orkut
  • Takeshi Saito

    カトマンズの写真拝見しました。
    ずいぶん前に行った時と同じ光景のままです。
    歴史ある町並みは素敵ですね。

    • http://shoh.info/ 莊(しょう)美奈子 / Minako Shoh

      @takeshisaito:disqus さま、コメント有り難うございます!
      凄く励みになります。
      おそらく今の方が、大気汚染が激しいかと・・・ヒマラヤが見られず残念でした。