薄暮のホイアン / Hoi An, in the twilight

P9130226 P9130228 P9130230 P9130186 P9130189 P9130192 P9130193 P9130194 P9130197 P9130198 P9130201 P9130203 P9130206 P9130207 P9130208 P9130210 P9130211 P9130212 P9130213 P9130214 P9130222 P9130225P9130241 P9130242 P9130243 P9130244 P9130236 P9130237 P9130240P9140401 P9140405 P9140407 P9140408 P9140413 P9140415 P9140416 P9140417 P9140368 P9140369 P9140370 P9140372 P9140373 P9140375 P9140376 P9140377 P9140378 P9140379 P9140381 P9140383 P9140384 P9140385 P9140387 P9140390 P9140393

Error: a marker with the ID 26 does not exist!

Hội An, also Fai-Fo or Faifoo, is a city of Vietnam, on the coast of the East Sea in the South Central Coast region of Vietnam.
It is recognized as a World Heritage Site by UNESCO. Hội An Ancient Town is an exceptionally well-preserved example of a South-East Asian trading port dating from the 15th to the 19th century. Its buildings and its street plan reflect the influences, both indigenous and foreign, that have combined to produce this unique heritage site.

The city possessed the largest harbour in Southeast Asia in the 1st century and was known as Lâm Ấp Phố (Champa City). Between the seventh and 10th centuries, the Cham (people of Champa) controlled the strategic spice trade and with this came tremendous wealth. The former harbour town of the Cham at the estuary of the Thu Bồn River was an important Vietnamese trading centre in the 16th and 17th centuries, where Chinese from various provinces as well as Japanese, Dutch and Indians settled. During this period of the China trade, the town was called Hai Pho (Seaside Town) in Vietnamese. Originally, Hai Pho was a divided town with the Japanese settlement across the “Japanese Bridge” (16th-17th century). The bridge (Chùa cầu) is a unique covered structure built by the Japanese, the only known covered bridge with a Buddhist temple attached to one side.

Hoi An, Quảng Nam Province, Vietnam
September 2014, Olympus OM-D E-M1

ホイアンは、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町です。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年(平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

ホイアンは,チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀にチャンパは南に後退し、フエに広南阮氏政権が樹立されると、その外港となりました。
16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人、日本人が来航し国際貿易港として繁栄しました。1601年には広南阮氏は、徳川家康に書簡を送って正式な国交を求め、江戸幕府との取り引きが急速に拡大しました。約30年間にわたる朱印船貿易のうち、広南には71隻が入港しました。ホイアンには大規模な日本人街や中国人街が形成され、1623年にはオランダ東インド会社の商館も設けられるなど、繁栄を誇りましたが、間もなく江戸幕府の鎖国により、日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖されました。
17世紀後半、清朝と鄭氏台湾との対立から遷界令が出されたことは、さらにこの地域の交易を停滞させ、一時期の繁栄は失われていきました。1770年代には、西山(タイソン)党の乱によって、町は完全に破壊されましたが、やがて再建され、19世紀まで繁栄しました。しかし、ホイアンと南シナ海を結ぶトゥボン川に、土砂が堆積して川底が浅くなった結果、大型船の往来に支障を来たす事となり、国際貿易港としてのの繁栄は、ダナン港へと移行しました。
一方で、街並みは残され、ベトナム戦争時代に破壊されることもなく、現在に至るまで当時の繁栄ぶりを今に伝えています。

ベトナム社会主義共和国クアンナム省ホイアン
2014年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

Hội An, also Fai-Fo or Faifoo, is a city of Vietnam, on the coast of the East Sea in the South Central Coast region of Vietnam.
It is recognized as a World Heritage Site by UNESCO. Hội An Ancient Town is an exceptionally well-preserved example of a South-East Asian trading port dating from the 15th to the 19th century. Its buildings and its street plan reflect the influences, both indigenous and foreign, that have combined to produce this unique heritage site.

The city possessed the largest harbour in Southeast Asia in the 1st century and was known as Lâm Ấp Phố (Champa City). Between the seventh and 10th centuries, the Cham (people of Champa) controlled the strategic spice trade and with this came tremendous wealth. The former harbour town of the Cham at the estuary of the Thu Bồn River was an important Vietnamese trading centre in the 16th and 17th centuries, where Chinese from various provinces as well as Japanese, Dutch and Indians settled. During this period of the China trade, the town was called Hai Pho (Seaside Town) in Vietnamese. Originally, Hai Pho was a divided town with the Japanese settlement across the “Japanese Bridge” (16th-17th century). The bridge (Chùa cầu) is a unique covered structure built by the Japanese, the only known covered bridge with a Buddhist temple attached to one side.

Hoi An, Quảng Nam Province, Vietnam
September 2014, Olympus OM-D E-M1

ホイアンは、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町です。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年(平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。

ホイアンは,チャンパ王国時代からの古い港町で、16世紀にチャンパは南に後退し、フエに広南阮氏政権が樹立されると、その外港となりました。
16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人、日本人が来航し国際貿易港として繁栄しました。1601年には広南阮氏は、徳川家康に書簡を送って正式な国交を求め、江戸幕府との取り引きが急速に拡大しました。約30年間にわたる朱印船貿易のうち、広南には71隻が入港しました。ホイアンには大規模な日本人街や中国人街が形成され、1623年にはオランダ東インド会社の商館も設けられるなど、繁栄を誇りましたが、間もなく江戸幕府の鎖国により、日本人の往来が途絶え、オランダの商館も1639年に閉鎖されました。
17世紀後半、清朝と鄭氏台湾との対立から遷界令が出されたことは、さらにこの地域の交易を停滞させ、一時期の繁栄は失われていきました。1770年代には、西山(タイソン)党の乱によって、町は完全に破壊されましたが、やがて再建され、19世紀まで繁栄しました。しかし、ホイアンと南シナ海を結ぶトゥボン川に、土砂が堆積して川底が浅くなった結果、大型船の往来に支障を来たす事となり、国際貿易港としてのの繁栄は、ダナン港へと移行しました。
一方で、街並みは残され、ベトナム戦争時代に破壊されることもなく、現在に至るまで当時の繁栄ぶりを今に伝えています。

ベトナム社会主義共和国クアンナム省ホイアン
2014年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

Bookmark this on Hatena Bookmark
LINEで送る

岩木山を望む城下町,弘前 / Hirosaki, beautiful castle town

暑さにうだるマーケット,ホイアン / Market in the swelteringly hot, Hoi An

Related post

  1. ムガル帝国の残り香、ラフォール城とシャリマール庭園 / Laho…

  2. 興奮のるつぼ、ワガ国境・国旗降納式 / Flag lowerin…

  3. 時間が止まったラホール旧市街 / Walled City of …

  4. 香港 – 洗練と猥雑のはざまで / Hong Kon…

    Hon…

  5. スペイン植民地時代の香り漂う街、ビガン / Nostalgic …

  6. ポルトガルの香り,マカオ歴史地区 / O Centro Hist…

    O Centro Hi…

  7. 草原に広がり続けるウランバートルと,美しい近郊,テレルジ / U…

  8. 東南アジアの雑踏をぬって走るレトロバス,ヤンゴン/ Yangon…

    (more…)…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Recent post

PAGE TOP