ペルシャ庭園に囲まれた古都、シーラーズ / Shiraz, City of Poets.

Karim Khan Citadel Masjed-e Vakil Tomb of Hafez Eram Garden Masjed e Nasir ol Molk (Pink Mosque) Shiraz, Iran December 2015, Olympus OM-D E-M1 イランの古都、シーラーズに女一人旅で訪れました。 イランでは外国人(異教徒)の女性にも、法律によりヘジャブ(スカーフ)とチャドル(マント)の着用(あるいは、それに近い服装)を義務付けておりますので、やむなく冬季である年末年始に訪れたのですが、花々の彩りでペルシャ式庭園が染まる春の季節に訪れることができましたら、尚一層、その美しさを堪能できるかと思います。 イラン・イスラム共和国、シーラーズ市 2015年12月撮影、Olympus OM-D E-M1

日干しレンガと風取り塔の旧市街、ヤズド/ Yazd, the city of windcatchers.

Because of generations of adaptations to its desert surroundings, Yazd has a unique Persian architecture. It is nicknamed the city of windcatchers because of its ancient windcatchers. Yazd, Iran December 2015, Olympus OM-D E-M1 ヤズドには砂漠型の伝統的ペルシア建築における優れた例となる建物が複数存在する。 ヤズドはその気候により世界最大のカナート網を持ち、そのカナート職工の腕はイランで最も熟練したものとされた。 また夏の著しい暑さのため、ヤズドの旧建築の多くは大きなバードギールと地下室を設けている。また近傍の山地にある氷を蓄えるヤフチャール(氷室)を備えるものもあり、これについてもイランにおける代表的な例としてヤズドの建築が挙げられる。ほぼ全体が日干し煉瓦で建築された都市としても世界最大規模である。 イラン・イスラム共和国、ヤズド 2015年12月撮影  Olympus OM-D E-M1

シーラーズの大きな市場, ヴァキールバザール / Vakil Bazaar, Shiraz

Vakil Bazaar is the main bazaar of Shiraz, Iran, located in the historical center of the city. It is thought that the market originally was established by the Buwayhids in the 11th century AD, and was completed mainly by the Atabaks of Fars, and was renamed after Karim Khan Zand only in the 18th century. Vakir Bazzar, Shiraz, Iran. December 2015, Olympus OM-D E-M1 ヴァキール・バザール。 その歴史は、11世紀まで遡ると言われています。 美しい紋様の刻まれたアーケードが印象的なバザールです。 イラン、シーラーズ市、ヴァキール・バザール 2015年12月撮影、Olympus OM-D E-M1

「世界の半分」と呼ばれたイスファハン / “Esfahān nesf-e- jahān ast” (Isfahan is half of the world)

Isfahan, Iran January 2016, Olympus OM-D E-M1 イラン・イスラム共和国、イスファハン 2016年1月撮影、Olympus OM-D E-M1

アケメネス朝の繁栄も今は昔,ペルセポリス / Persepolis & Naqsh-e Rustam

Persepolis ペルセポリス Naqsh-e Rustam ナクシェ・ロスタム Persepolis  literally meaning “the Persian city,” also known as the Throne of Jamshid, was the ceremonial capital of the Achaemenid Empire (ca. 550–330 BC). Persepolis is situated 60 km northeast of the city of Shiraz in Fars Province, Iran. The earliest remains of Persepolis date back to 515 BC. It exemplifies the Achaemenid style of architecture. UNESCO declared the ruins of Persepolis a World Heritage Site in 1979. Persepolis, Marvdasht, Fars Province, Iran December2015,Olympus OM-D E-M1 ペルセポリスは、アケメネス朝ペルシア帝国の都で、ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が建設した宮殿群であった。 紀元前331年、アケメネス朝を滅亡に追い込んだ、アレクサンドロス大王の攻撃によって破壊され、廃墟となり現在に至っています。 私は女一人旅で早朝、訪れましたので、広大な遺跡を、古代史のロマンに夢をはせながら散策できました。 ペルセポリス、ファールス州、イラン 2015年12月撮影、Olympus OM-D E-M1

ドーハは本当に「世界一退屈な街」なのか / Is doha a boring place?

Souq Waqif (スークワキフ) Qatar Airways business Lounge (Hamad international airport) 世界中に路線網を持つカタール航空のハブ(主要乗継)空港、ハマド国際空港がある、中東カタールの首都ドーハ。 カタール航空の利用者は、長い乗継時間をこの空港で過ごすことになります。 「世界一退屈な街」とも称されるドーハの街に、乗継時間を利用して、高い入国VISA料を支払って、カメラ片手に飛び出してみました。 海上に林立する高層ビル群、のんびりしたスークワキフ(市場)、一度散策してみるぶんには楽しかったです。 二度はいいかな、ビザ代が安くありませんので・・・。 Doha, State of Qatar December 2015, Olympus OM-D E-M1 カタール国 ドーハ 2015年12月撮影, Olympus OM-D E-M1

客引きをあしらいながらの散策,エルサレム旧市街スーク / The Old City of Jerusalem, souks and alleyways.

The Arab souk, Jerusalem, Israel September 2015, Olympus OM-D E-M1 イスラエル,エルサレム旧市街スーク 2015年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

キリスト礫刑の場所,聖墳墓教会 / Church of the Holy Sepulchre, where Jesus of Nazareth was crucified.

The Church of the Holy Sepulchre, also called the Church of the Resurrection by Orthodox Christians, is a church within the Christian Quarter of the Old City of Jerusalem. It is a few steps away from the Muristan. The site is venerated as Calvary (Golgotha),[2] where Jesus of Nazareth was crucified,[3] and also contains the place where Jesus is said to have been buried and resurrected. Church of the Holy Sepulchre, Old City of Jerusalem September 2015, Olympus OM-D E-M1 エルサレム旧市街(東エルサレム)にあるこの教会は,キリストの墓とされる場所に建っており,ゴルゴタの丘はこの場所にあったとされ,世界中の人々の厚い信仰を集めている聖なる場所です。 現在この教会はカトリック教会、東方正教会、アルメニア使徒教会、コプト正教会、シリア正教会の複数教派による共同管理となっており、一日中それぞれ何らかの教派によるミサ・聖体礼儀などの公祈祷が行われています。 イスラエル,エルサレム旧市街,聖墳墓教会 2015年9月撮影 Olympus OM-D E-M1

嘆きの壁の熱気を包む閑静なユダヤ人地区 / Western Wall & Jewish quarter

Western Wall (Wailing Wall) & Jewish quarter, Jerusalem, Israel September 2015, Olympus OM-D E-M1 イスラエル,エルサレム旧市街,嘆きの壁,及びユダヤ人地区 2015年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

野菜の彩り鮮やかなマハネー・イェフダー市場 / Makhane Yehuda Market, with colorful fresh vegetables.

Makhane Yehuda Market, Jerusalem, Israel September 2015, Olympus OM-D E-M1 イスラエル国エルサレム市,マハネー・イェフダー市場 2015年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

イスタンブール・EuropeとAsiaの交差点 / Istanbul,the intersection of Europe and Asia

2年前,暦上5連休となったゴールデンウィーク,弾丸日程一人旅(現地滞在2日)で訪れた街。 沢木耕太郎氏の著書,「深夜特急」で旅情溢れる街として描写されており,以前から訪問したい土地でした。 ブルーモスクのそばのプチホテル(かつての貴族の屋敷を改造したもの)に宿泊し,モスクから流れる大きな声のアザーンで目を覚まし,旧市街を,そしてバザール(市場)を徘徊し,フェリーでヨーロッパとアジアを往復し・・・・女一人旅で色々付きまとわれて鬱陶しさ満載ではありましたが,今振り返れば異国情緒溢れて楽しい旅でした。 I traveled and stayed Istanbul only 2 days, but could enjoy to my heart’s content. I stayed at the hotel located near the blue mosque, so, I woke to the sound of the adhan, the call to prayer, which is made from a mosque’s minarets. I wandered around the old city and in the bazzar(market), and went? there and back between the Europe side and the Asian side by ferry. Istanbul,Turkey May,2010 Istanbul – between Europe and Asia