まちなみ逍遙 - Wandering the Wonderful Streets > 海外のまちなみ ( foreign countries / Streets ) > アジア ( Asia Area ) > バクタブル,カトマンズ郊外の世界遺産の町 / Bhaktapur (Kathmandu), the World Heritage

バクタブル,カトマンズ郊外の世界遺産の町 / Bhaktapur (Kathmandu), the World Heritage

PC220367 PC220362 PC220363 PC220365 PC220366 PC220243 PC220245 PC220247 PC220248 PC220250 PC220251 PC220253 PC220254 PC220257 PC220258 PC220259 PC220260 PC220261 PC220263 PC220264 PC220266 PC220267 PC220269 PC220270 PC220272 PC220273 PC220274 PC220275 PC220276 PC220278 PC220279 PC220281 PC220282 PC220285 PC220286 PC220287 PC220288 PC220289 PC220292 PC220293 PC220294 PC220296 PC220297 PC220298 PC220299 PC220300 PC220301 PC220302 PC220303 PC220304 PC220305 PC220306 PC220307 PC220309 PC220311 PC220312 PC220313 PC220316 PC220318 PC220319 PC220320 PC220321 PC220322 PC220323 PC220324 PC220326 PC220327 PC220328 PC220330 PC220331 PC220332 PC220334 PC220335 PC220336 PC220337 PC220338 PC220339 PC220340 PC220341 PC220342 PC220346 PC220347 PC220348 PC220349 PC220350 PC220351 PC220352 PC220353 PC220355 PC220357 PC220359

 

Bhaktapur (Nepali: भक्तपुर Bhaktapur ), also Bhadgaon or Khwopa (Nepal Bhasa: ख्वप Khwopa), is an ancient Newar town in the east corner of the Kathmandu Valley, Nepal. It is located in Bhaktapur District in the Bagmati Zone. It is the third largest city in Kathmandu valley and was once the capital of Nepal during the great Malla Kingdom until the second half of the 15th century. Bhaktapur is famous for special type of curd called “Ju Ju dhau”.It is experienced by the curd makers that the taste of curd prepared in this location cannot be found elsewhere all over Nepal.
Bhaktapur is listed as a World Heritage Site by UNESCO for its rich culture, temples, and wood, metal and stone artwork.

It is the home of traditional art and architecture, historical monuments and craft works, magnificent windows, pottery and weaving industries, excellent temples, beautiful ponds, rich local customs, culture, religion, festivals, musical mystic and so on. Bhaktapur is still an untouched as well as preserved ancient city that is itself a world to explore for tourists.
From time immemorial it lay on the trade route between Tibet and India. This position on the main caravan route made the town rich and prosperous.

December,2013,Bhaktapur,Nepal
Olympus OM-D/E-M1

バクタプル(ネパール語:भक्तपुर bhaktapur)はカトマンズから東に12キロ、カトマンズ盆地の東端にある古代ネワール人の都市です。
この町の男の住民は、伝統的にバドガウンレ・トピといわれる、黒くやや硬めの特別なタイプの帽子を着用しており、この帽子はネパールの公務員の正装としても採用されています。
この町は「ジュジュ・ダウ」つまり「王のヨーグルト」と呼ばれるヨーグルトでも有名です。

統一マッラ王朝は1484年にバクタプル王国からカトマンズ王国が独立し、さらに、1619年までに、パタン王国が独立して三王国時代に入ります。
町の中心広場「ダルバール広場」には55の窓のある旧王宮があります。
これは、ブパティンドラ・マッラ王の建てたもので1769年まで王室一族が居住していました。
現在は国立美術館となっています。 ムルチョック宮殿に通じる金の門の近くにはタレジュ寺院があり,この寺院は、タレジュ・バワニ女神に捧げられたものでタレジュ・バワニと生き神クマリの聖堂があります。 寺院へはヒンドゥー教徒しか入れず、生き神の撮影は厳に禁止されています。

私は三連休弾丸でカトマンズを訪れ,中一日を観光に充てましたが,パタン,バクタプルの街双方とも,ゆっくりと見て回ることができました。
カトマンズ市内から,タクシーで30分程度の距離です。

2013年12月撮影,ネパール,バクタブル
Olympus OM-D/E-M1

にほんブログ村 旅行ブログ 古い町並みへにほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ


Share and Enjoy

  • PDF
  • Blip
  • BlinkList
  • Delicious
  • NK
  • VKontakte
  • Orkut