野菜の彩り鮮やかなマハネー・イェフダー市場 / Makhane Yehuda Market, with colorful fresh vegetables.

Makhane Yehuda Market, Jerusalem, Israel September 2015, Olympus OM-D E-M1 イスラエル国エルサレム市,マハネー・イェフダー市場 2015年9月撮影,Olympus OM-D E-M1

山陰の小京都,津和野 / Tsuwano is called “Little Kyoto”.

Tsuwano, popularly called the “Little Kyoto of San-In”, is known for its main streets(“Tono-machi”) lined with neat rows of stores, Sake breweries, samurai residences and storehouses with white plaster walls built in the 17th century (Edo-era). Tsuwano, Shimane-Prefecture, Japan June 2015, Olympus OM-D E-M1 LCCキャリアであるスターフライヤーさんの,羽田~山口宇部便を利用して,新山口駅~津和野駅間をSL「やまぐち号」に揺られながら,日帰りで訪れた津和野のまちなみです。( → 歴史・津和野町観光協会 ) 殿町の古い町並みの古い建物の保存率は予想以上に良好で,”山陰の小京都”の看板を裏切らない雰囲気を保っており,城下町として繁栄した江戸期往時を充分に偲ぶことが出来ました。 NHK大河ドラマの舞台にもなっていることから,土曜日は多くの観光客で賑わっています。 島根県津和野町 2015年6月撮影,Olympus OM-D E-M1

機内食 : 成田-パリ・JALビジネスクラス / In-flight meal・NRT-CDG, Cclass (JL)

Japan Airlines Business Class (Tokyo NRT→ Paris CDG) Japanese Cuisine. September 2015, Olympus OM-D E-M1 日本航空ビジネスクラス,成田→パリ・シャルルドゴール 日本食コース 2015年9月撮影 Olympus OM-D E-M1

「室津千軒」,も今は昔,のどかな港町室津 / Murotsu, flourished as an important port town of the Seto Inland Sea in the Age of Sail.

Murotsu Port was one of the five Seppan-gohaku ports(All of them were located from Settsu Province to Harima Province) opened by the Buddhist priest Gyoki in the Tempyo Era (729-749). It flourished very much as an important port of the Seto Inland Sea in the Age of Sail, and there are many legends and secret stories remaining about it being the origin of courtesans. (Reference : www.city.tatsuno.lg.jp/english ) Murotsu, Tatsuno-City, Hyogo-Prefecture, Japan. October 2015, Olympus OM-D E-M1 十数年前,豪雨の降りしきる中を訪れ,ろくに写真が撮れず心残りであった室津の港町を,10年ぶりに再訪しました。 室津港は,約2000年前、神武天皇の東征先導役がこの地に開港したのが始まりといいます。 藻振ノ鼻(室津半島先端部)と金ヶ崎(たつの市・相生市境)で囲まれた室津湾の、更に東側奥にあることから、「室の如く静かな津」ということで「室の泊」と呼ばれたのがその名の始まりと伝えられています。 『播磨国風土記』に、「コノ泊、風ヲ防グコト室ノゴトシ 故ニ因リテ名ヲナス」と紹介され,奈良時代には僧侶・行基によって「摂播五泊」の一つとされ、海上と陸上交通の要衝として「室津千軒」と呼ばれるほど栄えそうです。同時に,遊女発祥の地とも言われ,木曾義仲の側室であったという伝説の遊女,友君の墓もあります。 江戸時代になると、参勤交代の西国大名の殆どが海路で室津港に上陸して陸路を進んだため、港の周辺は日本最大級の宿場となりました。通常、宿場におかれる本陣は、1軒、多くとも2軒(脇本陣)ですが、室津には6軒(肥後屋・肥前屋・紀国屋・筑前屋・薩摩屋・一津屋)も置かれたそうです。しかし、明治に入ると参勤交代の制度が無くなり、鉄道・道路が内陸部に敷かれたため急速に衰退し,現在は鄙びた港町としてゆっくりとした時を刻んでいます。 兵庫県たつの市御津町室津 2015年10月撮影,Olympus OM-D E-M1

荘厳な大聖堂とアルカサル宮殿に圧倒されて。セビリア / Seville with mystic beauty, Cathedral & Alcázar, Part2

Cathedral, Alcázar and Archivo de Indias in Seville (a World Heritage Site by UNESCO). Seville, Andalusia, Spain January 2015,Olympus OM-D E-M1 セビリアの大聖堂、アルカサル(世界文化遺産) スペイン王国アンダルシア州セビリャ 2015年1月撮影,Olympus OM-D E-M1

水飛沫が眩しいペテルゴフ夏宮殿 / Peterhof Palace, Петерго́ф, “Russian Versailles”

The Peterhof Palace (Петерго́ф) is a series of palaces and gardens located in Petergof, Saint Petersburg, Russia, laid out on the orders of Peter the Great. These Palaces and gardens are sometimes referred as the “Russian Versailles”. The palace-ensemble along with the city center is recognized as a UNESCO World Heritage Site. The Peterhof Palace, Petergof, Saint Petersburg, Russia. August 2015, Olympus OM-D E-M1 エルミタージュ美術館裏門に面したネヴァ川船着場から水中翼船に揺られて,ペテルゴフ宮殿を訪れました。 ピョートル大帝によって建築された,「ロシアのベルサイユ宮殿」とも呼ばれる夏の宮殿は,サンクトペテルブルクの短い夏を惜しむかのように,噴水の水飛沫に反射して絢爛と輝いておりました。 ロシア,サンクトペテルク郊外ペトロドヴォレツォヴヌイ区ペテルゴフ,ペテルゴフ夏宮殿 2015年8月撮影,Olympus OM-D E-M1

多くの芸術家を生み出した町,セビリア / Seville has ever produced many artists, Part1

Seville, Andalusia, Spain January 2015,Olympus OM-D E-M1 滞在中のコルドバから,身軽な格好で特急AVEを使って日帰りでセビリャの町を訪れました。 大聖堂、アルカサル等の世界遺産,そして闘牛が有名なセビリャですが,大聖堂近くの路地裏に入ると,魅力的な路地の表情,隠れたパティオ・・・花の盛りに訪れたら,一層華やかな光景が待っているのではないでしょうか。 スペイン王国アンダルシア州セビリャ 2015年1月撮影,Olympus OM-D E-M1

ドニエプル河畔の ”緑の古都” キエフ / Kiev, ” greenest city in the world”

Pechersk Lavra Monestry (the World Heritage) ペチェールシク大修道院 (世界遺産) St. Sophia Cathedral (the World Heritage) 聖ソフィア大聖堂(世界遺産) St. Michael’s Golden-Domed Monastery 聖ミハイル 黄金ドーム修道院 St. Andrew’s Church 聖アンドレイ教会 Maidan Nezalezhnosti 独立広場 Kiev, Ukraine August 2015, Olympus OM-D E-M1 お盆の一週間休暇を利用してのロシア渡航のなか,欲張って,クリミア問題で対露関係が著しく悪化しているウクライナの首都であり,長い歴史をもつ古都,キエフを訪れてみました。 2箇月後の2015年10月現在,ロシア・ウクライナ間の航空路線は全て運休となっており,語弊がありますが,「滑り込みセーフ」的な訪問になりましたが,キエフの街は緑が溢れて麗しく,ロシア正教会や修道院建築様式も独特で,かつ美しく・・・・予想外の素晴らしい滞在となりました。 ウクライナ共和国,首都キエフ 2015年8月撮影,Olympus OM-D E-M1

空の濃紺と白壁のコントラストの路地裏,グラナダ/ Granada, with white beautiful plaster walls.

Granada, Andalusia, Spain January 2015, Olympus OM-D E-M1 コルドバから長距離バスで片道3時間,濃紺の空と白壁との路地のコントラストが美しいグラナダの路地を日帰りで散策してみました。 当地の観光の主眼,アルハンブラ宮殿に足を運んだところ,店員超過でチケットが取れず誠に残念だったのですが,それでも,負け惜しみではなく,路地裏の美しさは見事です。グラナダにいらっしゃる方,事前にアルハンブラ宮殿のチケットをネットで手配なさることを忘れずに!(笑) スペイン王国アンダルシア州グラナダ県グラナダ 2015年1月撮影 Olympus OM-D E-M1

そば切り発祥の地、本山宿 / Motoyama-juku, known throughout the country for its soba noodles.

本山宿は中山道32番目の宿場で、現在は長野県塩尻市中心部の、国道バイパス脇の旧街道筋にあります。 1614年(慶長19年)、中山道のルート変更に伴い、塩尻宿・洗馬宿とともに設置されました。 今は松本市等への通勤圏の新興住宅街となっているなか、堂々たる伝統的建造物が3軒、軒を並べており、見応えがあります。 長野県塩尻市本山宿 2015年11月撮影、Olympus OM-D E-M1 Motoyama-juku was the thirty-second of the sixty-nine stations of the Nakasendō. Motoyama became a post town in 1614, when the Nakasendō’s route was changed. It became a post town at the same time as Shiojiri-juku and Seba-juku. It became known throughout the country for its soba noodles. Motoyama-juku, Shiojiri-City, Nagano-Prefecture, Japan November 2015, Olympus OM-D E-M1

「京は遠ても十八里」,鯖街道熊川宿 / Kumagawa Juku, a Post Station on “Mackerel Road”

Kumagawa originally was a lonely village of only about 40 houses. However it was an important place for traffic and military strategy,so, Kumagawa had continued to prosper and resulted in over 200 houses in the Edo era. In Wakasa district the seafood caught on the Sea of Japan had been carried to Kyoto since in ancient times. Kumagawa-juku was the important post town on the Wakasa highroad which was one of the routes to Kyoto. A lot of mackerel caught there had been carried from Wakasa to Kyoto since the latter part of 18th century. And therefore the Wakasa highroad came to be called the Mackerel highroad.(Quote:www.national-trust.or.jp/rhlist/rhwest_e/06.html) Kumagawa, Wakasa-Town,Fukui-Prefecture,Japan June […]

魅惑のコルドバ / Exotic Cordoba, part3

The historic centre of Cordoba, named a UNESCO World Heritage Site. Cordoba, Andalusia, Spain. January 2015 Olympus OM-D E-M1 路地裏散策好きとして,以前より訪れたかったスペインはアンダルシアのコルドバに,花満開の夏とは正反対の肌寒い年末年始ではありましたがようやく訪れることができました。 世界遺産に認定された,白い迷路のユダヤ人街。気が向くままに次々と路地裏に迷い込むと,そこに次々と新たなまちなみの表情が表れ,時が経つのも忘れて彷徨っていました。 スペイン,アンダルシア州コルドバ県コルドバ,歴史地区(世界遺産) 2014年12月末~2015年1月撮影 Olympus OM-D E-M1

常滑焼の窯元をそぞろ歩く / Strolling around the potteries in Tokoname.

Tokoname has been associated with ceramics production since at least the Heian period, and Tokoname-yaki works from this period have been found in locations as far away as Aomori Prefecture in the north of Japan and Kagoshima prefecture in the south. By the Kamakura period, over 3000 kilns were active. During the Sengoku period, the area came under the control of the Isshiki clan, and later came under the rule of Oda Nobunaga and Toyotomi Hideyoshi. During the Edo period, the area around present-day Tokoname was part of Owari Domain. In the post Meiji Restoration cadastral reforms of 1889, the town of Tokoname was created. Originally, items such as vases […]

哀愁のコルドバ / El Cordobes, Cordoba Part2

Great Mosque メスキータ Calleja de las Flores 花の小径 The historic centre of Cordoba, named a UNESCO World Heritage Site. Cordoba, Andalusia, Spain. January 2015 Olympus OM-D E-M1 路地裏散策好きとして,以前より訪れたかったスペインはアンダルシアのコルドバに,花満開の夏とは正反対の肌寒い年末年始ではありましたがようやく訪れることができました。コルドバの旧市街では至る所がフォトジェニックでレンズを向けまくっており,写真の数も膨大で,この章はコルドバPart2です。 旧市街の中心,メスキータ(大モスク)は,遡ることAD785年,イスラム教の寺院としてアブデラマン1世時代に建設され,その後,カトリック教徒が権力をにぎった1236年からは,内部に礼拝堂を設けたりカテドラルが新設されたことにより,イスラム教とキリスト教,2つの宗教が同居する世にも珍しい建築となったとのことです。キリスト教美術とイスラム美術が融合した内部装飾は目を見張るものがあります。 スペイン,アンダルシア州コルドバ県コルドバ,歴史地区(世界遺産) 2014年12月末~2015年1月撮影 Olympus OM-D E-M1

ウズベキスタン航空国内線搭乗記 / Uzbekistan Airways (domestic flight)

Uzbekistan Airways HY1337  from Tashkent to Bukhara (domestic flight). April 2015, iPhone 6 Plus. ウズベキスタン航空 HY1337便 タシケント発ブハラ行 2015年4月 iPhone6Plusにて撮影 GWにウズベキスタン周遊一人旅をし,首都タシュケント→ブハラ間をウズベキスタン航空で移動しました。 ウズベキスタンは国土が広い割に鉄道網が発達していない(便も少ない)ため,航空機利用需要が高いようです。 タシュケント航空国内線ターミナル(地元では,ターミナル3と呼んでいる)は,国際線ターミナルとは10キロ近く離れているので,利用には注意が必要。また,空港敷地の入り口には検問があり,パスポート等の提示を求められます。外国人は所定時間内に済ませなければならない都市毎の滞在登録(レギストラーツィア)を怠っていると,しょっぴかれる可能性アリ。残念ながら,警察官や公務員の腐敗ランキングでは世界トップ5にランクインしている国家なので慎重に。 旧ソ連圏国家ですので空港は軍事施設との扱いをしており,撮影は厳禁(ゆえに携帯で隠し撮りです),無用のトラブルを避けるためにも撮影は控えられることをお勧めします。エプロンには旧ソ連製の旧い機材がゴロゴロいたのですが,搭乗した路線は観光路線ゆえ,新鋭のA320が割り当てられて残念でした。 遅延はなく,オンタイムに離陸,着陸しました。

タシケント市民の台所,チョルス―バザール / Chorsu Bazaar, a kitchen for the people of Tashkent.

Chorsu Bazaar, located in the center of the old town of Tashkent, is the biggest traditional market in Tashkent. Under its blue-colored domed building and the adjacent areas, all daily necessities are sold. Chorsu Bazzar, Tashkent, Uzbekistan. May 2015, Olympus OM-D E-M1 旅先で,地元の人々が日常的に使う市場を散策するのは,旅人の楽しみの一つです。 チョルス―バザールは,ウズベキスタン共和国の首都タシケントの旧市街に位置し,青い屋根の巨大なドーム内とその界隈に併設された市場では,色鮮やかな野菜や香辛料が彩りを添え,レンズを向けると,フレンドリーなウズベク人商人たちが皆笑顔で返してくれます。 ウズベキスタン共和国タシケント市,チョルス―バザール 2015年5月撮影,Olympus OM-D E-M1

塩の道の宿場町,奥三河,足助宿 / Asuke, thrived as a marketplace on the “Salt Road”.

Asuke is located in northeastern Aichi-Prefecure (near Nagoya-City). It flourished as a marketplace on the Chuma-kaido street,”Salt Road”, the route for transporting salt produced along Mikawa Bay in the 19th century. Asuke, Aichi-Prefecture, Japan. May 2015, Olympus OM-D E-M1 “塩の道”と呼ばれた三州街道(愛知県岡崎から長野県飯田、塩尻。但し岡崎~足助間は一般的に,足助街道,中馬街道と呼ばれる)の足助宿として栄えた,足助の街並みです。 ここ奥三河、足助の宿は中馬(馬で荷物を運送する業者)などで輸送された塩や茶荷などをここで積みかえられて信州方面へ送られたそうで,伊那地方では「足助塩」とか「足助直」とよばれるほど、足助は中馬としての位置を占めていたといいます。 今では,香嵐渓の紅葉が有名となっておりますが,この往時を偲ぶ街並みもなかなか見事です。 愛知県豊田市足助(旧東加茂郡足助町) 2015年5月撮影,Olympus OM-D E-M1

Best Western Premier Tuushin Hotel , Ulaanbaatar

Best Western Premier Tuushin Hotel Prime Minister Amar’s street 15, Ulaanbaatar 14200, Mongolia July 2015, Olympus OM-D E-M1

草原に広がり続けるウランバートルと,美しい近郊,テレルジ / Ulaanbaatar & Terelj, Mongolia

The city area of Ulaanbaatar is spreading out year by year. Up in the surrounding hills, the slums are populated by gers exhaling thick coal smoke. Ulaanbaatar and Terelj, Mongolia. July 2015, Olympus OM-D E-M1 モンゴルの首都,ウランバートルと,近郊のテレルジ国立公園の風景です。 観光でモンゴルを訪れる多くの方々にとっては,大草原のハイキングが目玉になると思われますが,私にとっては,レアメタル景気により大気汚染の中を郊外に拡大し続けるウランバートル市街地,貧富の差にさらされアルコール中毒者がうろつく街中の方が興味深かったです。郊外でスラム化しているゲル居住地を訪れたかったのですが,治安上大きな問題があるとのことで差し控えました。 モンゴル国ウランバートル,及びテレルジ国立公園 2015年7月撮影,Olympus OM-D E-M1

ウルグットバザールで,陽気なウズベク人達に囲まれて / Urgut Bazzar, with friendly Uzbeks.

Urgut Bazaar, though it’s located in mountainous areas, with varied and relatively inexpensive merchandise attracts folks even from Samarkand, the capital of the Region. Urgut, Samarqand Region, Uzbekistan. May 2015,Olympus OM-D E-M1 サマルカンド市内から,乗り合いタクシーで約2時間,山間に抱かれるウルグットの村で週一回日曜に開かれる大きなバザール,ウルグットバザールに足を運んでみました。 工芸品スザニの産地として知られるウルグットバザールですが,飲食の屋台のウズベク人達が底抜けに陽気で,そしてカメラが大好き。あちこちから,俺を撮れ,と声がかかります。 ウズベク人が親日家であることも一因かもしれませんが,滞在していて実に心地よい国,それがウズベキスタンでした。 ウズベキスタン共和国サマルカンド地方ウルグット,ウルグットバザール 2015年5月撮影 Olympus OM-D E-M1z

武家屋敷の石垣が質実剛健を思わせる,薩摩の小京都・知覧 / Chiran, with samurai residences and beautiful Japanese-style gardens.

Chiran is called the “Little Kyoto of Satsuma,” and even today,some old samurai residences with beautiful plant hedges and stone walls remain standing. Chiran, Minami-Kyusyu City, Kagoshima-Prefecture,Japan. April2015, Olympus OM-D E-M1 複数の由緒ある武家屋敷が立ち並び,堂々とした生垣が質実剛健とした風土を醸し出しているかのような,知覧の街並みです。 それぞれの武家屋敷には,小さいながら,趣向を凝らした日本庭園が造られており,それぞれ比較しながら気に入った庭を見つけるのも散策の醍醐味です。 鹿児島県南九州市知覧町 2015年4月撮影 Olympus OM-D E-M1

ビーマンバングラデシュ航空搭乗記 / Biman Bangladesh Airlines (DAC-BKK)

Biman Bangladesh Airlines BG088, from Dahka to Bangkok, B787-800. 03/11/2014, iPhone5 バングラデシュ航空088便,ダッカからバンコク便に搭乗したときの記録です。 奇跡的にスケジュールタイム通りに離陸したのですが,機材はボロボロ,私はシートベルトが壊れたままノーベルト(笑)でのフライトとなりました。 機内サービスもそれに準じ,紅茶入りの大きなポットを乗客にぶちまけるというトラブル付き。 乗客のベンガル人達は,離陸中も携帯で会話(携帯って離陸中も通じるんだなーと感動)。 バンコクランディング直後に立ち上がりハットラックを開けようとする始末・・・。 ああ,偉大なるビーマンバングラデシュ航空! (なお,機内食カレーは奇跡的にまあまあ美味しい) 2014年11月,iPhone5にて撮影。

2000年の歴史を持つシルクロードの交易場,シヨブバザール / Siyob Bazaar, “Samarkand naan” are sold.

Siyob Bazaar (Сиёб бозор), is the largest bazaar in Samarkand, Uzbekistan. All daily necessities, such as “Samarkand naan”, are sold. Siyob Bazzar, Samarkand, Uzbekistan. May 2015, Olympus OM-D E-M1 シヨブバザールは,青果や日用品が何でも取り揃うサマルカンド市最大のバザールで,シルクロードの交易場として2000年以上の歴史を有すると言われています。 巨大なサマルカンド・ナン,そして彩の鮮やかな野菜が目を楽しませてくれます。 ウズベク人はとてもフレンドリーで,レンズを向けると笑顔を振りまいて下さいます。 ウズベキスタン共和国サマルカンド市,シヨブバザール 2015年5月撮影,Olympus OM-D E-M1

寂れゆく味わい深い津山アーケード街/Shopping Arcades in Tsuyama, with nostalgia

Tsuyama-City(around Tsuyama-Station), Okayama-Prefecture, Japan October 2014 Olympus OM-D E-M1 岡山県津山市,津山駅周辺 2014年10月撮影 Olympus OM-D E-M1

美しい町家が続く城下町,津山のまちなみ/ Tsuyama, old trophy merchants’ residences remain.

Tsuyama flourished as a junction of trades between the two ancient powers, Izumo and Yamato, and as a castle town. The castle is gone now, but, A samurai’s residence ,and old merchants’ residences are preserved well. Tsuyama-City, Okayama-Prefecture, Japan October 2014, Olympus OM-D E-M1 かつて津山は,出雲街道の要衝として,さらに,日本一の名城とも謳われた津山城城下町として大いに栄えました。 今では城跡は石垣のみを残すだけですが,城西には武家屋敷が,そして城東には堂々たる商家の街並みが良い状態で保存されており見応えがあります。敵の侵入を防ぐことを目的とした鍵字の街区も非常に興味深いです。 私が訪れた折は,残念ながら雨模様でしたが,もし快晴のもとで散策したならば,青空と白壁とが織りなすコントラストがさぞや美しかっただろうと,少し心残りがあります。 岡山県津山市,2014年10月撮影 Olympus OM-D E-M1

ブハラのタキ – シルクロードを辿る交易の場 / Taqi Market in Bukhara, domed bazaar 

In ancient times in Bukhara, domed bazaar arcades, locally calld “Taqi”, were erected over all important crossroads of this city.Some of these taqi are still in use today. The doors of the taqi were build so wide that caravans of several camels and horse carriages could easily pass. Bukhara, Uzbekistan May 2015 Olympus OM-D E-M1 Panasonic Lumix G X Vario 12-35mm f/2.8 Asph 時がゆっくり流れる街,ブハラの小さなバザール(現地では「タキ」と呼ばれています)の風景です。 シルクロードのオアシスの街,ブハラは,古代からシルクロードの交易の要衝であり,「タキ」と呼ばれるドーム型アーケード街が数多く建築されました。そのうちの4つのタキが,内部は観光客相手の工芸物,土産物販売店に移り変わったものの現在も使われています。 タキの出入り口は幅広く造られていますが,これは,古の時代,何頭もの駱駝や馬を引き連れて往来した隊商達への配慮によるものです。 ウズベキスタン共和国,ブハラ州ブハラ 2015年5月撮影 Olympus OM-D E-M1 Panasonic Lumix G X Vario 12-35mm f/2.8 Asph.

スーレー シャングリ・ラ ヤンゴン / Sule Shangri-La Yangon

Sule Shangri-La Yangon, Cloub Floor. October 2014 Olympus OM-D E-M1 ヤンゴンの大型シティホテル,トレーダーズホテルがシャングリラホテルとなり,内装等は新しく手が入って再オープンしたそうですが,残念ながら建物構造自体は旧ホテルのままですので,部屋はこぢんまりとしており,特にバスルームは狭く老朽化が目立つユニットバスです。 しかしながら,お値段は1泊3万円(2014年秋当時)。というのも,ミャンマーは新興国として経済発展のさなかにあり,海外から不動産投資が殺到,ビジネスマンの来訪も多くホテル需要が逼迫し価格が高騰しているのです。この費用を捻出しないとスタンダートレベルのシティホテルに宿泊できない,それがヤンゴンの実情です。 スーレー・シャングリ・ラ・ヤンゴン,クラブフロア 2014年10月撮影 Olympus OM-D E-M1

ヤンゴンの夜の帳をつきぬけるシュエダゴン・パゴダ/ The Shwedagon Pagoda, the Golden Pagoda

The Shwedagon Pagoda, also known as the Golden Pagoda, is a gilded stupa located in Yangon, Myanmar. It sits atop of a hill and is 99 meters high. It can be seen from most places of Yangon day and night as the golden roof illuminates the city. The main gold-plated dome is topped by a stupa containing over 7,000 diamonds, rubies, topaz and sapphires, the whole giddy concoction offset by a massive emerald positioned to reflect the last rays of the setting sun. Shwedagon Pagoda is the most sacred Buddhist pagoda in Myanmar, as it is believed to contain relics of the four previous Buddhas of the present kalpa. The Shweagon […]

モン族王朝の栄華を伝える古都,バゴー/ Bago, Myanmar, the capital of the Hanthawaddy Kingdom

Kya Khat Wain Kyaung チャッカワイン僧院。昼食の合図を知らせる木槌の音が鳴ると,1000人以上の修行僧が托鉢をしながら粛々と食堂に向かう光景が見られます。 Kyaikpun Buddha チャイプーンパゴダ Shwemawdaw Pagoda シュエモードーパゴダ Shwethalyaung Buddha シュエターリャウン寝仏 ミャンマーでは,日本の中古車両がそのままの塗装で大活躍しています。 Bago, Burma (Myanmar) October 2014 Olympus OM-D E-M1 Panasonic Lumix G X 12-35mm F2.8 ASPH ミャンマー連邦共和国,バゴー市 2014年10月撮影 Olympus OM-D E-M1 Panasonic Lumix G X 12-35mm F2.8 ASPH

旧名鉄美濃線美濃駅 / Mino Station, Meitetsu – Mino – Line (out of service)

Mino Station, Meitetsu – Mino – Line (out of service) November 2014 Olympus OM-D E-M1 名鉄美濃線美濃駅 (平成11年4月廃駅) 2014年11月撮影 Olympus OM-D E-M1