壮麗なるヴィエリチカ岩塩坑 / Wieliczka Salt Mine

Wieliczka Salt Mine (UNESCO World Heritage Site) Wieliczka, Poland August 2016, Olympus OM-D E-M1 ヴィエリチカ岩塩坑 (世界遺産) ポーランド共和国マウォポルスカ県ヴィエリチカ 2016年8月撮影、Olympus OM-D E-M1

オールドレンズ散歩・江戸東京たてもの園 / Edo-Tokyo open-air Architectural Museum, with old lenses

江戸東京たてもの園 / Edo-Tokyo Open-air Architectural Museum December 2016 Olympus OM-D E-M1 G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm (Film Lens)

ポーランド王国の古都,クラクフ / Kraków, the former capital of Poland

Kraków, Poland August 2016, Olympus OM-D E-M1 古都クラクフはポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではポーランド王国の首都でした。 旧市街は第二次世界大戦の被害を殆ど受けなかったことから、伝統的な建造物、街並みがよく保存されており、世界遺産に指定されています。 ポーランド共和国クラクフ 2016年8月撮影, Olympus OM-D E-M1

善光寺街道最大の宿場町、稲荷山宿 / Inariyamajuku, on Zenkoji Road.

Inariyama-juku is one of the old post town on Zenkoji road located in Chikuma, Nagano prefecture. It was very large post town during Edo period. Inariyama-juku, Chikuma-City, Nagano-Prefecture, Japan. July 2016, Sony α7ⅱwith Nikkon Nikkor-S.C Auto 50mm F1.4 (film lens) 稲荷山宿は、北国西街道(善光寺街道、善光寺西街道)の、洗馬宿から10番目の宿場であり、また、北国西街道(善光寺西街道)と谷街道との分岐点として栄えた宿場町です。 江戸時代には善光寺へと至る「善光寺街道」(北国西街道)最大の宿場町として、また呉服問屋を中心とした商取引の町としても大いに栄えたといいます。 長野県千曲市稲荷山宿 2016年7月撮影 Sony α7ⅱwith Nikkon Nikkor-S.C Auto 50mm F1.4 (フィルムレンズ)

「千の塔の都」, カイロイスラム地区 – Part4 / Cairo, “the city of a thousand minarets”- Part4

Islamic Cairo, Cairo, Egypt May2016 Olympus OM-D E-M1 エジプト、カイロ、イスラム地区 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

青と白の絶景, サントリーニ島 / Santorini, blue and white Paradise.

                                  イア集落 /  Oia     フィラ集落 / Fira Santorini (Thira), Greece August 2016 Olympus OM-D E-M1 ギリシャ共和国サントリーニ島(ティーラ島) 2016年8月撮影 Olympus OM-D E-M1

「千の塔の都」, カイロイスラム地区 – Part3 / Cairo, “the city of a thousand minarets”- Part3

Islamic Cairo, Cairo, Egypt May2016 Olympus OM-D E-M1 エジプト、カイロ、イスラム地区 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

オールドレンズと巡る闇市・溝ノ口西口商店街 / Mizonokuchi-West Market, with an old lens.

Mizonokuchi-West Market, Kawasaki-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June 2016, Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 (Old film lens) Sony α7ⅱ 神奈川県川崎市高津区、溝の口西口マーケット 2016年6月撮影 Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 (Old film lens) Sony α7ⅱ

「千の塔の都」, カイロイスラム地区 – Part2 / Cairo, “the city of a thousand minarets”- Part2

Islamic Cairo, Cairo, Egypt May2016 Olympus OM-D E-M1 エジプト、カイロ、イスラム地区 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

オールドレンズと巡る闇市・昭和マーケット / Showa Market, with an old lens.

Showa-Market, Kawasaki-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June2016, Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 Sony α7ⅱ 神奈川県川崎市川崎区、昭和マーケット 2016年6月撮影 Asahi Pentax Super-Takumar 50mm f1,4 SONY α7ⅱ

古都テーベの繁栄を伝えるルクソール神殿 / Luxor Temple, a large Ancient Egyptian temple

Luxor Temple, Luxor, Luxor Governorate, Egypt May 2016, Olympus OM-D E-M1 エジプト、ルクソール市、ルクソール神殿 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

牛場市で栄えた,広島空港のお膝元,白市 / Shiraichi, flourished as a livestock markets.

shiraichi_pampf (白市観光パンフレット) 白市は、三次、久井とともに牛馬市が江戸時代の初めごろから開かれ、 最盛期には期間中500頭にも及ぶ牛馬が集まったといわれます。 市の日には、劇場での興行や行商などが数多く見られ、近隣から多数の人々が集まり、賑わったようです。また、広島、呉、竹原、尾道や三次などへ一日で行ける距離であったため、古くから交通の要衝で、市場町だけでなく、 宿場町としても栄えました。(東広島市観光協会) Shiraichi, Higashi-Hiroshima-City, Hiroshima-Prefecture,Japan. December 2013, Olympus OM-D E-M5 広島県東広島市白市のまちなみ 2013年12月撮影,Olympus OM-D E-M5  

オールドレンズと巡る,紫陽花に染まる箱根登山鉄道 / Hakone Tozan Railway, with old lenses.

VOMZ MIR-1B (МИР-1B) 37mm/F2.8 (M42) Industar 61 L/Z-MC F2.8/50mm (M42) Hakone Tozan Railway, Hakone-Town, Ashigarashimo-District, Kanagawa-Prefecture, Japan. June 2016, Sony α7ⅱ VOMZ MIR-1B (МИР-1B) 37mm/F2.8 (M42) Industar 61 L/Z-MC F2.8/50mm (M42) 神奈川県足柄下郡箱根町、箱根登山鉄道 (大平台駅界隈を中心に) June 2016, Sony α7ⅱ VOMZ MIR-1B (МИР-1B) 37mm/F2.8 (M42) Industar 61 L/Z-MC F2.8/50mm (M42)

オールドレンズと巡る開港の町・下田 / Shimoda, a port town, with an old lens.

During the Edo period, Shimoda prospered as a seaport, and was a major port of call for coastal vessels travelling between Osaka and Edo. Until 1721, as a security measure, all vessels were obligated to call at Shimoda before proceeding on to Edo. During the Bakumatsu period, Shimoda port was opened to American trade under the conditions of the Convention of Kanagawa, negotiated by Commodore Matthew Perry and signed on March 31, 1854. Shimoda was also the site of Yoshida Shōin’s unsuccessful attempt to board Perry’s ‘black ships’ in 1854. The first American Consulate in Japan was opened at the temple of Gyokusen-ji under Consul General Townsend Harris. Harris negotiated […]

「千の塔の都」, カイロイスラム地区 – Part1 / Cairo, “the city of a thousand minarets”- Part 1

Islamic Cairo, Cairo, Egypt May2016 Olympus OM-D E-M1 エジプト、カイロ、イスラム地区 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

旧ソ連製レンズで愛でる紫陽花寺,明月院 / Meigetsuin, with Former Soviet Lens.

Meigetsuin, Kamakura-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. Helios 44m-4 58mm f/2, Sony α7ⅱ June 2016 鎌倉・明月院 Helios 44m-4 58mm f/2, Sony α7ⅱ 2016年6月撮影

ピラミッドを見守るスフィンクス / Pyramids And The Sphinx

Pyramids And The Sphinx, Giza City, Giza, Egypt. May 2016, Olympus OM-D E-M1 エジプト・ギザ市、ギザの三大ピラミッドとスフィンクス 2016年5月撮影, Olympus OM-D E-M1

オールドレンズと巡る、闇市・六角橋商店街 / Rokkakubashi Market, with old lenses.

Olympus G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm Olympus OM-D E-M1 Pentax SMC Takumar F1.4 50mm lens M42 mount Sony α7ⅱ Rokkakubashi-Market, Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June2016 横浜市神奈川区、六角橋商店街 2016年6月撮影

オールドレンズと巡る東海道蒲原宿 / Kanbara-juku, with an old lens

Kanbara-juku was the fifteenth of the fifty-three stations of the Tōkaidō. The original Kanbara-juku was decimated by a flood in the early part of the Edo period, but was rebuilt shortly thereafter. The classic ukiyoe print by Ando Hiroshige (Hoeido edition) from 1831-1834, depicts a mountain village at nightfall, through which three people are struggling under deep snow. It is a rather strange composition, as Kanbara is located in a very temperate area warmed by the Kuroshio current offshore, and even a light snowfall is extremely rare. (* refer to Wikipedia org.) Kanbara-juku, Shizuoka-City, Shizuoka-Prefecture, Japan June 2016 Ai Nikkor 50mm F1.4, Sony α7ⅱ 東海道五十三次の15番目の宿場町、蒲原宿の現在の様子です。 静岡県静岡市清水区、東海道蒲原宿 2016年6月撮影 Ai Nikkor 50mm […]

ルクソールナイル川西岸・死者の都 / Luxor West Bank and Valley of the Kings

Luxor West Bank and Valley of the Kings, Egypt May2016, Olympus OM-D E-M1 ルクソール西岸、及び王の谷、エジプト 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

灼熱のカルナック神殿 / Karnak Temple ,under the blazing sun

Karnak Temple, Luxor, Egypt May 2016, Olympus OM-D E-M1 エジプト・ルクソール県,カルナック神殿 2016年5月, Olympus OM-D E-M1

オールドレンズと巡る、秩父遊里 / Chichibu Red-light district, with old lenses.

Chichibu-City, Saitama-Prefecture, Japan. Contax Carl Zeiss 50mm f/1.7 T* Planar Carl Zeiss distagon 2.8/35mm Sony α7ⅱ May 2016 撮影

オールドレンズと巡る、レトロな浜マーケット / Hama Market, with old lenses.

Olympus G.Zuiko Auto-S 1:1.4 f=40mm Olympus OM-D E-M1 Pentax SMC Takumar F1.4 50mm lens M42 mount Sony α7ⅱ Hama-Market, Isogo-Ku, Yokohama-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. June 2016 神奈川県横浜市磯子区、浜マーケット 2016年6月撮影

旧ソ連製レンズと巡る鎌倉 – 報国寺・浄妙寺 / Kamakura, with Former Soviet lenses.

鎌倉・報国寺  Houkokuji-Temple June 2016 Helios 44m-4 58mm f/2 Sony α7ⅱ 鎌倉・報国寺  Houkokuji-Temple June 2016 KMZ Industar-61 50mm F2.8 L/Z Sony α7ⅱ 鎌倉・浄妙寺, Jomyoji-Temple June 2016 KMZ Industar-61 50mm F2.8 L/Z Sony α7ⅱ

オールドレンズと巡る、子安舟屋集落 / Koyasu, with old lenses.

Koyasu, Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Kanagawa-Prefecture, Japan. May 2016 Sony α7ⅱ  +  EBC FUJINON 55mm F1.8 (Old Film Lense) 神奈川県横浜市神奈川区子安通 2016年5月撮影 Sony α7ⅱ  +  EBC FUJINON 55mm F1.8 (Old Film Lense)

神聖なるアブ・シンベル神殿 / Sacred Places, Abu Simbel temples.

Abu Simbel temples, Nubia, Aswan Governorate, Egypt May 2016, Olympus OM-D E-M1 エジプト、アスワン、アブ・シンベル神殿 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

陽気なスーダン人たちと語らうオムドゥルマン・スーク / Omdurman Souq, with Sudaneses.

青ナイルと白ナイルの合流点。 Omdurman Souq, Omdurman City, Khartoum State, Sudan May 2016, Olympus OM-D E-M1 スーダン共和国 ハルツーム州 オムドゥルマン市、オムドゥルマンスーク 2016年5月撮影, Olympus OM-D E-M1

オールドレンズと巡る、レトロな小向マーケット / Komukai Market, with an old lens.

Komukai Market, Kawasaki-City, Japan. May 2016 Sony α7ⅱ + Ai Nikkor 50mm F1.4 (film lens) 川崎市幸区小向町7-3 小向マーケット 2016年5月撮影 Sony α7ⅱ + Ai Nikkor 50mm F1.4 (film lens)

コリンシア・ホテル・ハルツーム / Corinthia Hotel Khartoum (Sudan)

Corinthia Hotel Khartoum, Khartoum, Sudan. May 2016, Olympus OM-D E-M1 コリンシアホテル・ハルツーム(スーダン、ハルツーム市) 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

スーダン・オムドゥルマン・ラクダ市場 / Sudan’s Omdurman Camel Market

Sudan’s Omdurman Camel Market, Omdurman, Khartoum State, Sudan. May 2016, Olympus OM-D E-M1 スーダン共和国 ハルツーム州 オムドゥルマン市 オムドゥルマン・キャメル・マーケット 2016年5月撮影、Olympus OM-D E-M1

中馬街道の脇道宿場町、日本大正村・明智 / Akechi, where Nanboku and Chuma highways come together.

In days gone by, the crossroads in Akechi town was formed where the Nanboku highway met the Chuma highway. Along the Nanboku highway peddlers and packhorse caravans carried salt and textiles north from the Mikawa area to Kiso and Shinshu. On the chuma highway, the traffic was firewood, charcoal, and silk cocoons, carried from the Nanshin-iida area to Seto and Owari.(refer to Ena City Tourist Association) Akechi, Ena-City, Gifu-Prefecture, Japan December 2016, Olympus OM-D E-M1 江戸時代に中馬街道脇道の宿場町として発展した、恵那市明智町のまちなみです。 明治・大正期には養蚕・製糸産業で栄えましたが、その後窯業が主産業となりました。 市街地には西洋文化の影響を受けた当時の建造物が残っており、過疎化に直面する町の村おこしの一環として、それらを生かして昭和59年に日本大正村が開村し現在に至ります。 岐阜県恵那市明智町 2016年12月撮影、Olympus OM-D E-M1

ムガル帝国の残り香、ラフォール城とシャリマール庭園 / Lahore Fort & Shalamar Gardens, World heritage of Mughal Empire

Lahore Fort ラホール城 Shalamar Gardens シャリマール庭園 Lahore, Pakistan March 2016, Olympus OM-D E-M1 パキスタン・イスラム共和国、ラホール市 2016年3月撮影、Olympus OM-D E-M1

北アフリカのパリ・港町アルジェ Part2/ Algeirs, Paris of North Africa, Part2

Algiers, Algeria. February 2016, Olympus OM-D E-M1 アルジェリア共和国 アルジェ市 2016年2月撮影、Olympus OM-DE-M1

Great People to fly with ~ Pakistan International Airlines 搭乗記

2016年3月3連休を利用し、”敢えて、Perhaps I Arrive と呼ばれる Pakistan International Airlines に搭乗”して、パキスタンイスラム共和国ラホールの旧市街を散策しに出かけました。 成田空港の片隅、他の立派なエアラインを利用なさる乗客の皆様からあたかも隔離するように、搭乗口があります。 待合フロアにいらっしゃる人々の大半は、北京まで利用する中国人。 搭乗機は、成田〜北京(経由)〜イスラマバード(経由)〜ラホール とフライトします。 以前は、ラホールではなくカラチが目的地だったのですが、カラチの治安悪化を受けて変更している模様です。 いよいよ搭乗。外観はなかなかステキなのだが・・・・。 内部は思いっきりヘタってます(笑)。なにせ、A310ですものね(笑) 今時、ブラウン管って・・・・(汗) ビジネスクラスが12席。パキスタン航空のサービスを満喫するため、ここは試しに乗ってみました。 往路、ビジネスクラスは私のみ。 一応電動でリクライニングします。 フルフラットには勿論なりません。シェルフラット、ぐらいです。 自分の生命を守るために、緊急のしおりはしっかり目を通しました(笑) セーフティービデオは・・・・離陸中にまだ放映していたけれどいいのかな(笑) ちなみに、フライト前にお決まりの、 ・ 機内のコーラン斉唱 ・ 機長による「インシャラー」(神のみぞ知る)アナウンス は、往路復路共に、成田〜北京間では省略されました。 この儀式を堪能されたい方は、必ず、イスラマバードかラホールまでご搭乗下さい♪ 成田〜北京間の豪華な機内食・・・・・とても不味いので、殆ど手つけずに残しました(汗) 実は、パキスタン航空ビジネスクラス利用者は、成田のチェックインカウンターでチェックインすると、サテライトの(※本館はダメ)サクララウンジが利用できます。JALサクララウンジで美味しいカレーライスで搭乗前に満腹にしておかれることを強くオススメします。 セーフティービデオは正面のブラウン管でのみ流れます。 ちなみに、ビジネスクラスには個人用画面はあるものの、エンタメはありません。フライトマップが見られるだけです。 正面のブラウン管で放映されるパキスタン映画を見ることしかできません。 前述したとおり、この便は、成田を離陸すると、北京、イスラマバードと経由着陸します。 経由地では、1時間余り座席でじっと座ってなくてはなりません(歩き回れない)。周囲でばたばたと物が搬入されたり、掃除機がうなって大量の埃を巻き上げる中での座席待機はなかなか苦痛です(笑) ヒマラヤ山脈越えという、素晴らしいフライトルートです。 ・・・・しかしながら、成田〜ラホール便は、往復共に夜間にヒマラヤ山脈上空を通過するので、気流が悪くて激しく揺れること以外には楽しみは特にナシ。 機内誌も特にないので、ナプキンを眺めつつ。 まあ、あえてパキスタン航空をフライト選択する時点で、その人はある意味偉大です(笑)そういう意味じゃないか(汗) ちなみにパキスタン航空、パイロットは皆様パキスタン空軍上がりだそうで、操縦は上手です。 着陸なんて、着陸したことに気付かないほどの見事なランディング。 往路は、成田〜北京間での機内食に懲りて、北京以降は機内食を一切パス!(笑)。 ラホールでの降機時(特筆すべきことではないが、2時間遅延の平常運航、深夜日付が変わった時刻に女一人を空港外に送り出すというサービス付き)、イスラマバードからの国内線区間利用者は前方、国際線利用者(入国審査が必要な人)は後方降機といういい加減な動線により後方エコノミークラスの座席を観察する機会が与えられたが、所々、座席が潰されています(座席が壊れると、最早修理せずに折り畳んでしまい、その座席の販売を放棄するスタイル)。また、エコノミークラス後方に行くに従いシートピッチが狭くなります(笑)。エコノミークラス利用時には、必ず前方を指定しましょう! (写真がなくてごめんなさい。) 復路、パキスタン・ラホール空港にて。パキスタン航空ビジネスクラス専用ラウンジ。 飲み物は、係員がしぶしぶ隣のCIPラウンジに取りに行きますので、Priority Passをお持ちの方は、くれぐれもパキスタン航空ラウンジではなく、CIPラウンジに向かうようにしましょう。 ラホール空港、出発便ボード。 PK852便は、TOKYO via Beijing, Islamabad の筈ですが、現地では最早北京便と認識されているようです(汗) 乗客も、北京までの中国人が大半です。(パキスタンと中国は政治的、経済的に強い繋がりがあります)。 復路は、ビジネスクラスは中国人ビジネスマンで満席。 一応、機内食を試してみることにしました。ラホールからイスラマバードを経由して離陸すると、カートに様々な食材を積んで客席まで来てくれ、乗客の指示通りに取り分けてくれます。 ・・・まあ、味は、美味しくないのですが(汗)。 前後してしまいますが、ラホール空港旅客ターミナルから隠し撮りした機材。 どこに行くのかな。・・・ちなみに、撮影は厳禁で、警察官が見張っていますのでご注意を。 コメントカードやらエチケット袋やら。 機内販売で、パキスタン航空特製トランプを購入予定でしたが、そもそも機内販売サービス自体を止めてしまった模様です。 復路、東京成田着は、これまた特筆すべきことではなく平常運航なのですが、約2時間遅延でした。 往復併せて20時間以上のフライト、十分満喫しました♪ ・・・・もう二度と乗らなくていいかな(笑)お腹いっぱいです。 Pakistan International Airlines PK853 (NRT~PEK~ISB~LHE), 852(LHE~ISB~PEK~NRT) Business Class March 2016, iPhone6 パキスタン国際航空 PK853便(成田〜北京〜イスラマバード〜ラホール)、PK852便(ラホール〜イスラマバード〜北京〜成田) ビジネスクラス 2016年3月撮影、iPhone6にて。

興奮のるつぼ、ワガ国境・国旗降納式 / Flag lowering ceremony at Wagah Border with enthusiasm.

The lowering of the flags, or the Beating Retreat ceremony at Wagah border near Hussainiwala National Martyrs Memorial, is a daily military practice that the security forces of India (Border Security Force) and Pakistan (Pakistan Rangers) have jointly followed since 1959.The drill is characterized by elaborate and rapid dance-like maneuvers, which has been described as “colourful” . It is alternatively a symbol of the two countries’ rivalry, as well as brotherhood and cooperation between the two nations. Leaders have sometimes described it as “ugly”.(refer to Wikipedia) Wagah Border, Lahore, Pakistan. March 2016, Olympus OM-D E-M1 「アジアのベルリンの壁」 とも呼ばれる、インド・パキスタン国境のワガ国境では、毎日夕刻になると「我が国旗の降納」と呼ばれる儀礼が行われます。 インドの国境警備隊(Border Security Force; B.S.F.)と、パキスタンのパキスタン・レンジャー(Pakistan Rangers)の兵士による、力強いパレードとともに、パキスタン側の観客席は国威掲揚コールで熱狂の渦に包まれます。 私は、パキスタン側ラホール市内からアプローチしました。 ワガ国境 (パキスタン・ラホール / インド・アムリトサル) 2016年3月撮影、 Olympus OM-D E-M1

北アフリカのパリ・港町アルジェ Part1/ Algeirs, Paris of North Africa, Part1

Algiers, Algeria. February 2016, Olympus OM-D E-M1 アルジェリア共和国アルジェ市 2016年2月撮影、Olympus OM-D E-M1

時間が止まったラホール旧市街 / Walled City of Lahore was stuck in a time warp.

Walled city of Lahore, Pakistan. March 2016, Olympus OM-D E-M1 パキスタン・イスラム共和国、ラホール旧市街 2016年3月撮影、Olympus OM-D E-M1

雨煙に霞むアルジェのカスバ / Casbah d’Alger, in the rain.

Casbah d’Alger (Kasbah of Algiers), Algiers, Algeria. February 2016, Olympus OM-D E-M1 2月の4連休弾丸渡航で東京から、雨煙が立ち込める冬の日のアルジェのカスバを訪れました。 映画『望郷』の舞台にもなったカスバは、16世紀ごろ、トルコの海賊の首領で、その後アルジェ総督になった、「赤ひげ」と呼ばれたハイール・エディンヌによりその基礎が築かれました。スペインからアルジェを奪還し、オスマン帝国の権力を背景にアルジェ沿岸一帯を支配したエディンヌらは、外敵の侵入を防ぐために城壁内に迷路のような坂道や急勾配な階段を走らせ、小路に沿って建物が密集し林立するに至ります。 本来のカスバは美しかったと言われますが、現在のカスバは建物の老朽化が著しく、隣接する建物同士が支え合うような状態で、建物崩落後にできたと思われる空き地も目立ち、スラム化も進み、綺麗とは言いがたい状態ですが、往時の雰囲気をかすかにとどめています。近い将来姿を消してしまう世界遺産なのかもしれません。 アルジェリア共和国アルジェ市、アルジェのカスバ 2016年2月撮影、Olympus OM-D E-M1 注記)  私がアルジェリアを訪問した、2016年2月時点では、観光ビザの取得に ”アルジェリア現地の旅行代理店からの招待状”が必要だったため(ホテル発行の署名入りホテル予約確認書のみで、ビザ個人取得が可能だったとの情報もあります)、平素は個人手配で一人旅をしておりますが、ビザ手配も兼ねて旅行代理店にアレンジを依頼致しました。 アルジェのカスバは、現在治安悪化のため、観光客の散策ルートも限定され、丘の上のカスバの入口の警察署に入域の届け出をしたうえで、地元ガイド同行のもとで散策することになります(ガイドを付けていない場合は、警察官が同伴してくれるとの記載が複数のガイドブック等にありますが、私自身は事実確認を取れていません)。 私自身、散策中は特に治安の悪さを感じませんでしたが、アルジェ市民一般も用がなければ立ち入らない地域とのことですので、単独での散策はお止めください。

6つの枡形を持つ大井宿 / Ohi post town, with right angles at six places.

Ohi Juku (Ohi post town) was the forty-sixth post town of the Nakasendo Road (the highway between Edo and Kyoto). Ohi Juku had right angles at six places. Honjin, Hatagoya, and a house of a village headman (Shoya) still remains along the Nakasendo. (cf : The Board of the Education of Ena City). Ohi-Juku, Ena-City, Gifu-Prefecture,Japan December 2016,Olympus OM-D E-M1 中山道46番目の宿場、大井宿の風景です。 江戸方から、横町・本町・竪町・茶屋町・橋場と5町があり、それぞれの町は6ヶ所の枡形によって区切られていました。 岐阜県恵那市大井宿 2016年12月撮影、Olympus OM-D E-M1